札幌で脱毛


main_top

新着コンテンツ

札幌脱毛ランキング

2016年12月現在の最新脱毛エステサロン情報をお届け!
札幌で脱毛して「なまらめんこい女子磨き」しちゃお♪

札幌脱毛エステサロンランキング!
ミュゼプラチナム (札幌市内7店舗で便利さ1位!)

ミュゼプラチナムのHP

ミュゼプラチナムの料金・価格&コースの内容
コース名称

脱毛回数/期間 料金
両ワキ&Vライン美容脱毛完了コース 何度でも 100円
両ワキ&Vライン美容脱毛完了コースが超激安100円!
(ここまで安いのはミュゼだけ!)
ミュゼプラチナムの詳細はこちら

ミュゼプラチナムの特徴
キュートなトリンドル玲奈さんのCMでおなじみの脱毛サロン!
10月は100円で両ワキ&Vライン脱毛と激安中!
100円で何度でもいつまでもとことん通えて納得!
全身美容脱毛コースライトが50%OFF(4回以上契約時)!
会員数270万人突破は大人気ぶりとたしかな効果があるから!
勧誘や化粧品の押し売りはなしの明朗会計!
予約はWEBで24時間可能(スマホもOK)&キャンセル料なし!
札幌では札幌中央店など7店舗で営業中!
《店舗数 191店舗》

・・・さらにミュゼプラチナムの詳しい解説(当サイト内解説ページへ)

エステティックTBC (終わりのある脱毛1回体験プラン!)

エステティックTBCのHP

エステティックTBCの料金・価格&コースの内容
コース名称

脱毛回数/期間 料金
終わりのある脱毛1回体験プラン 1回 500円
1,000円で2種類の脱毛方法を体験!
(目立つムダ毛60本&気になる部位1カ所or2カ所!)
エステティックTBCの詳細はこちら

エステティックTBCの特徴
終わりのある脱毛1回体験プラン1,000円がイチオシ!
目立つムダ毛60本&気になる部位1カ所or2カ所
TBCスーパー脱毛とTBCライト脱毛の2種類を駆使した体験!
老舗エステティックサロンならではの美肌効果も見物!
技術やスタッフのレベルの高さはさすがのレベルで安心!
札幌では札幌店など2店舗で営業中!
《店舗数 134店舗》

・・・エステティックTBCの詳しい解説(当サイト内解説ページへ)

脱毛ラボ  (全身脱毛サロンならココを!)

脱毛ラボのHP

脱毛ラボの料金・価格&コースの内容
コース名称

脱毛回数/期間 料金
全身脱毛48ヶ所 月2回 初月0円
顔からつま先まで48箇所を月2回予約で脱毛!
(初月0円スタートは10月31日まで)
脱毛ラボの詳細はこちら

脱毛ラボの特徴
札幌でも注目の月額制全身脱毛で話題の脱毛ラボ!
今だけなんと初月0円!(通常月額10,778円)
顔やハイジニーナ部位(V・I・Oライン)も対象でくまなく!
全身脱毛を考えていない人にはかえって無駄な部位が多いかも?
札幌では札幌店の1店舗で営業中!
《店舗数 86店舗》※国内外総店舗数

・・・脱毛ラボの詳しい解説(当サイト内解説ページへ)

RAYVIS (初回キャンペーンはまずまずだけど)

RAYVISのHP

RAYVISの料金・価格&コースの内容
コース名称 脱毛回数/期間 料金
全身脱毛トライアルプラン
1,000円
22ヶ所から3部位選べて1,000円
(1回ずつ3部位なのでお試しに)
RAYVISの詳細はこちら

RAYVISの特徴
前TOKYO BDC時代から丁寧な接客で評価される老舗サロン
3ヶ所1,000円キャンペーンは検討の価値あり
月額制脱毛も特定店舗限定で始めたが全店にしてほしい
札幌では札幌店の1店舗で営業中!
《店舗数 22店舗》
・・・RAYVISの詳しい解説(当サイト内解説ページへ)
...

若い時こそ脱毛は受けるべき

脱毛はお金がかかるから、もっと余裕ができてから受けるつもりなんて思っていませんか?

もちろん何歳になって始めてもいいのですが、脱毛は若いうちにやってた方がメリットが大きいんです。

若いときはオシャレが楽しい時期

肩や背中を大胆に出したワンピース、水着、ミニスカート・・・

若いときは肌の露出をしても、健康的なオシャレが楽しめますよね。

やはり歳を重ねるごとに肌の張りも無くなって露出がきつくなってきます。

似合う服は年齢によって異なりますし、限られたときにしかできないオシャレがあるのです。

若いときこそ色んなオシャレが楽しめる時期です。

そんなときにムダ毛を気にして、肌を隠すような服ばかり選ぶのは勿体ないことですね。

だからこそ、早い時期に脱毛した方がいいのです。

「あのときムダ毛が無くて肌に自信があったらあの服が着られたのに」

そんな後悔だけはしたくないものです。

自己処理が楽になる

ムダ毛処理が楽しいなんて思っている人はほとんどいないのではないでしょうか?

ムダ毛処理は楽しいからするのではなく、仕方無くしているものです。

毛が生えたままだとみっともないし人に見られてしまうと恥ずかしいので、身だしなみとしてしぶしぶ剃っているという人も多いでしょう。

特に頻繁にムダ毛処理が行われるのが、ワキやひざ下ですね。

毛深い人だとほぼ毎日剃っていることもあります。

忙しいときは本当に面倒!

結婚して子供が生まれると、自分の手入れに気を配れなくなり段々とおろそかになってきます。

しかし若いときに済ませておけば、面倒な自己処理をしなくてもきれいな肌を保ちやすくなりますよね。

子育て、家事、仕事にと忙しくしていても、脱毛済みならスベスベな肌のままです。

お風呂のときにムダ毛処理をしていた人は、大幅な時間短縮にもなります。

子供が生まれてからはサロンに通うのも大変なので、自分の時間を自由に使えるうちに済ませておきたいものですね。

肌への負担が少なくなる

自己処理が肌へ強い刺激を与えることは、誰もが知っていることです。

処理サイクルが短くて期間が長ければ長くなるほど、徐々に肌へのダメージは大きく蓄積されていきます。

脱毛を先延ばしにしてしまえば、それだけ自己処理期間が長くなって肌の負担が増えてしまいますよね。

気がついたときには度重なるカミソリ処理のせいで、色素沈着が起こってしまうこともあります。

脱毛する時期が早ければ色素沈着のリスクも減り、よりきれいな肌を保ちやすくなります。

料金のことを気にして先延ばししているかもしれませんが、今はとてもリーズナブルになっています。

少しだけ他のことより脱毛を優先して、将来の自分のことを考えてみましょう。

旅行前に済ませておきたい脱毛スケジュール

リーズナブルな海外旅行プランもあり、旅行はとても身近なレジャーになっています。

旅行を思う存分楽しむにはやはり脱毛が役立ちます!

いったいどのように脱毛を進めていけばいいのでしょうか?

最低限ワキとひざ下は大切

快適な旅行のコツは、無駄な荷物を増やさないことですよね。

ムダ毛処理の道具もできれば持っていきたくないものです。

それにうっかり電気シェーバーやカミソリを持っていくのを忘れてしまい、旅行先で困ったことになりたくないものです。

国内ならコンビニでカミソリをサッと調達できますが、海外ではそうはいきません。

日本では当り前のT字カミソリは売っていない国も多いものです。

理想は全身くまなく脱毛しておくべきですが、それにはお金も時間もかかります。

最低限脱毛していて助かるのは、ズバリワキとひざ下です。

ワキとひざ下はかなり頻繁にムダ毛処理している人も多いのではないでしょうか?

頻繁に脱毛する場所だからこそ、旅行前には済ませておきたいものです。

そうすればうっかりカミソリを忘れてしまっても、旅行先で慌てずに済みますよ。

脱毛中に旅行に行ける?

脱毛が終わらないと旅行に行ってはいけないわけではありませんよ。

旅行に行きたいと思ったら、いつでもスケジュールを組みましょう。

でも、脱毛サロンに通っている人はちょっとだけ注意してほしいものです。

脱毛後しばらくはどうしても肌のトラブルが起きやすい状況にあります。

肌トラブルが起きたらサロンに連絡し、提携している医療機関で診察を受けなくてはいけません。

もし肌荒れを起こしてしまったのが旅先だったら、提携している医療機関へ診察に行くことができなくなりますよね。

応急処置をしようと思っても海外だと気軽に病院にもいけないですし、薬を探すのも大変です。

特に普段と違う状況にある旅先では体調を崩しやすいものです。

せめて施術後1週間以上は空けて旅行スケジュールを組みたいものですね。

旅先では日焼け厳禁!

脱毛前も脱毛後も、気を付けてほしいのが日焼けです。

特にリゾート地では開放的な気分になって肌を露出してしまいがちですが、日焼けをしてしまうと脱毛できなくなったり炎症を起こしたりします。

できれば完全に脱毛が終わるまでは日差しの強いリゾート地は避けたいものです。

どうしても行きたい場合は、徹底して紫外線対策をしておきましょう。

以上の注意点を守れば、脱毛中でも安心して旅行を楽しめますよ。

VIOライン脱毛は全身脱毛と一緒にした方がいい?

脱毛中にオメデタ!妊娠中に気をつけるべきことは?

最近はVIOライン脱毛に興味を持つ人が増えています。

でも全身脱毛するときにはVIOラインも一緒にお手入れした方がいいのかどうか悩みどころです。

VIOライン脱毛は、どのタイミングで受けた方がいいのでしょうか。

VIOもまるごと脱毛するメリット

全身脱毛と一緒にVIOラインもお手入れできれば、後々とても楽になりますよ。

もしVIOライン脱毛をいずれやりたいと思っているなら、全身脱毛のタイミングで進めた方がいいでしょう。

一度に済ませれば、後から追加申し込む必要もありません。

まとめて申込をすると割引があるのに、後から追加申込したために割高の料金になってしまうこともあります。

一度に申込んだ方が、何かとお得なことが多いですよ。

まずはVIOライン対応かどうか

全身脱毛と一緒にVIOラインのお手入れをしたいと思っていても、そのサロンが対応していなければ意味がありません。

脱毛専用サロンでも、VIOライン脱毛に対応していないこともあるからです。

Vラインは対応しているところが多いのですが、問題はIラインとOラインです。

非常にデリケートな部分であるIラインとOラインは、脱毛サロンでも取り扱い方が異なります。

でもせっかくVラインのお手入れをするなら、ついでにIラインとOラインをやってた方がすっきりします。

IラインとOラインのみ別のサロンで申し込む方法もありますが、できれば同じサロンの方が面倒も少ないです。

全身脱毛を申し込む前には、IラインとOラインの脱毛に対応しているかどうかのチェックが必要ですよ。

全身脱毛コースに含まれてる?

VIOラインすべてに対応している脱毛サロンでも、全身脱毛のプランに含まれていないことがあります。

全身といっても、すべて丸ごと脱毛するわけでは無いんですね。

好きなところから数ヶ所選べる場合もあれば、あらかじめ20ヶ所から22ヶ所ぐらい決められている場合もあります。

うなじや顔、VIOラインの場合は全身脱毛プランに含まれていないことが多いです。

もし含まれていないなら、VIOライン脱毛を別に申込む必要があります。

別々のコースを申込む場合は、スケジュール管理に注意しましょう。

別の箇所なら連続して脱毛予約を入れることも可能です。

ただし、1ヶ月に数回通うことになるなら、スケジュール管理も大変になります。

せっかく入れた予約も他の予定と重なってしまって、キャンセルなんて事態になる可能性もあります。

突然キャンセルしてしまうとキャンセル料金がかかってしまうため、予約は確実に守れる日時で取りたいものですね。

脱毛サロンを選ぶときには中途解約についても調べよう

脱毛サロンのかけもちを上手に活用!注意点をおさえよう

今から始まる脱毛プランですので、ちゃんと最後まで終わらせて理想の肌になることを考えているでしょう。

でも、脱毛が終わるまでは1年以上と長い期間がかかります。

万が一のことを考えて、中途解約になったときのことまで考えておかなくてはいけませんよ。

中途解約手数料について

脱毛は1回で終わりませんので、6回や10回など複数回セットにして申し込むことが多いです。

もしその途中で解約する場合ですが、解約手数料がかかることが多いです。

脱毛サロンの解約手数料は、以下のように決められています。

・契約残金の10%

・2万円

どちらかの低い金額が適用されます。

例えば契約残金が10万円だった場合、10%は1万円になります。

この場合は2万円より低いので、1万円が解約手数料となります。

ただしサロンによって契約残金の出し方が異なるので、コース申込前には確認が必要です。

独自に解約手数料を一切取らないような取り決めをしたり、一律5千円と決めているサロンもあります。

解約方法について

解約ならいつも通っている店舗にいって、口で伝えるだけでいいと思っていませんか?

面倒なことに、脱毛サロンによって中途解約の方法も異なります。

主な解約方法は、以下のようなやり方があります。

・専用のコールセンターで受付

・直接契約した店舗に電話連絡、もしくは来店

・最寄の店舗ならどこでも中途解約受付可能

このように脱毛サロンによって受付してくれる場所が異なるため、事前に確認するのが安心です。

もしどうしたらいいのか分からない場合、カスタマーセンターがあるならそこへ問い合わせてみましょう。

小さなサロンでカスタマーセンターがなければ、直接店舗で相談です。

ちゃんと対応してくれるサロンがいい

解約手数料がかからない、もしくは低い方がいいのは当然のことです。

でももっと大事なのは、解約するときに誠実に対応してくれるかどうかです。

残念ながらサロンによっては解約を告げると無理に引きとめようとしたり、なかなか残りの費用を返金してくれなかったりします。

解約手数料は取りません!と宣言しつつ、最後にしつこい勧誘があったらがっかりです。

人気サロンではそんな事はありませんが、各サロンがどれだけ迅速に対応してくれるのかは口コミをチェックするのもいいでしょう

また、申込前の無料カウンセリング時に、中途解約の方法について質問してみるのもいい方法です。

丁寧に分かりやすく説明してくれれば、その後の対応も期待できそうですね。

気に入った脱毛サロンなら通いにくくてもOK?

04

脱毛サロンは頻繁に通うものでもないですよね。

それなら通いやすさよりも、サロンの雰囲気を重視したいという意見もあるでしょう。

しかし、通いやすさを無視してサロンを選んでもいいのでしょうか?

サロンの雰囲気を重視するのはアリ!

自宅や職場の近くだと、なかなか気に入った脱毛サロンがないなんてこともあります。

脱毛サロンに通うのは2ヶ月から3ヶ月ごとです。

2・3ヶ月に1回であれば、多少遠出をしてもいいかもしれませんね。

脱毛サロンは大事な肌のお手入れを任せるところです。

だからこそ、立地や価格ではなくサービスを重視するものです。

「このサロンじゃなきゃダメ!」そんな場合は、ちょっと遠いサロンを選んでみるのもいいでしょう。

予約を忘れてしまわないように

少し遠方の脱毛サロンに通う場合ですが、注意して欲しいのは予約の管理です。

脱毛は2ヶ月から3ヶ月ごとに通うため、ついうっかり予約を忘れてしまいがちです。

近くのサロンであれば当日に思いだしても何とか予約時間に間に合うかもしれませんが、遠方だと難しくなるでしょう。

そんなことも考えられるため、遠方の脱毛サロンの予約管理は特に注意です。

また、普段通いなれていない地域だと、交通状況もあまり分からず移動時間が無駄にかかってしまうことがあります。

せっかく予約を入れたのに、時間に間に合わずキャンセル扱いになったらショックですよね。

公共交通機関のダイヤのチェック、駐車場の確保、ルートの確認も怠らないようにしましょう。

通いやすさもやはり大事

よほどその店舗がいいというこだわりがあるなら別ですが、やはり通いやすさも優先すべきなこともあります。

例えば顔脱毛だと、1ヶ月に1回通うこともあります。

毎月のように遠出するのはかなり辛いスケジュールになるかもしれませんよね。

全身脱毛だと脱毛部位を3回から4回に分けて行うことが多いため、1ヶ月に2回通わなくてはいけないこともあります。

そのような場合だと、通いやすさは重視しなくてはいけません。

頻繁に通う必要がある場合、通いづらいサロンだと行くのが億劫になってしまい、キャンセルが頻発してしまう可能性もあります。

そうなるとキャンセル料も勿体ないですし、脱毛期間も長引いてしまいます。

それに通う回数が多ければそれだけ交通費もかさんでしまいます。

離れた場所にある脱毛サロンに予約を入れるのもいいのですが、自分のスケジュールで無理がないかちゃんと確認するようにしましょう。

顔脱毛がまったく効果がない!そんなときはどうする?

脱毛カウンセリング攻略法

顔脱毛を始めても、効果がまったく現れずがっかりしてしまうことがあります。

効果を実感しないときには、いったいどのようにしたらいいのでしょうか。

顔脱毛の特性を知ろう

顔脱毛は他の部位に比べると、元々効果が出にくい場所です。

ワキやひざ下ならするりと抜け落ちる毛を目の当たりにすると、1回の脱毛でも効果は感じられるものです。

でも顔のムダ毛は元々細いので、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の効果が出にくいのです。

それに例え抜け落ちたとしても、毛が細いだけに実感もし辛いですね。

何回も施術を受けた後に、「あれ?薄くなった?」とジワジワ効果が表れ始めるものなのです。

できれば顔脱毛を始める前から、その特性について知っておきたいものです。

事前に知っておけば、「こんなはずじゃなかった」と思うこともないでしょう。

顔のムダ毛を脱毛しようと思ったら、かなりの根気が必要ですよ。

最初が肝心!料金の比較は通常価格で

顔脱毛もお試しキャンペーンの対象になることがあります。

しかし激安のキャンペーンは回数が少なめなので、要注意です。

例えばものすごく安い顔脱毛のキャンペーンに申込んだけど、回数は3回しかなかったなんてキャンペーンもあります。

顔脱毛は3回で終わることはありませんし、効果もなかなか実感しづらいです。

お試しの3回を無駄にしたくない、効果を得たいという気持ちから、結局は追加申込をすることになります。

しかしキャンペーン料金はとても安かったのに、延長申込をしたときの料金がとても高いことがあります

顔脱毛は10回以上受ける人も多いので、通常料金が高いとかなり料金がかさんでしまいます。

脱毛は価格で比較するのもいいのですが、キャンペーン価格だけ見てはいけません。

特に顔脱毛の場合、延長することを見越して通常料金を含めてシミュレーションをしましょう。

その結果トータルで安いところがあれば、そのサロンを選ぶのが賢いやり方です。

顔脱毛のサロンを乗り換えたい!

顔脱毛はすぐに効果が出るわけでは無いので、サロンの乗り換え判断をするのも非常に難しいです。

でもアフターケアがしっかりしていないなどスタッフの対応で不安があるなら、なるべく早めに乗り換えをした方がいいでしょう。

顔脱毛は体よりも短いサイクルで脱毛を進めることができます。

それなのに予約がいっぱいで3ヶ月・4ヶ月以上待たされるのもあまりよくありませんね。

中途解約をすると決めたら、なるべく早くサロンで手続きをしましょう。

解約手数料がかかることも多いので、どれくらいかかるのか確認が必要です。

ダラダラ手続きを先延ばしにしていると顔脱毛はいつまで経っても完了しません!

すぐに行動するのが大事ですよ。

ひじとひざってわざわざ脱毛は必要?

毛埋没と脱毛

ひじ下やひざ下はムダ毛気になる人多いが、ひじやひざはあまり生えているイメージは少ないですね。

特にピンポイントでひじ・ひざだけのムダ毛を気にしている人もあまりいないような気がします。

そんな部位でも、わざわざ脱毛をした方がいいんでしょうか。

よく見るとムダ毛が生えている!

ひざ小僧をよく見てみると、やはり毛は生えています。

ひざ下だけムダ毛処理して、ひざ小僧だけ生えている状態は非常に不自然ですよね。

固くてデコボコしているところはカミソリでは剃りにくく、つい脛のムダ毛処理だけ済ませることもあります。

でもやはりいつ見られてもいいように、ひざ小僧のムダ毛処理も必要なのです。

それに比べると肘はあまり生えていないように思えますが、やはり少し生えていることもあります。

ほんの少しであっても、ムダ毛処理を怠ってはいけませんよ。

また、ひじやひざのような固いところはカミソリではなく、電気シェーバーを使った方がムダ毛処理がしやすいです。

いつもカミソリで肌を傷つけてしまうという人は、電気シェーバーに変えましょう。

肘小僧とひざ小僧はどこに含まれる?

万全の対策をするなら、肘小僧もひざ小僧も脱毛サロンで施術してもらった方がいいです。

肘小僧・ひざ小僧は単体で独立していることもありますが、ほとんどはひじ下・ひざ下に含まれていることが多いです。

つまり、わざわざ肘とひざだけを脱毛するというよりも、足や腕をまとめて脱毛するときについでに行うものです。

サロンによって若干扱いは異なりますので、肘やひざを重視している人はどこの部位に含まれているのか確認が必要です。

肘・ひざの角質ケアをしよう

肘やひざのお悩みといえば、角質です。

黒ずみや白いカサカサも、たまった角質が原因になっています。

肘・ひざの固い角質を取るために軽石を使うこともありますが、肌を傷つけるのであまりよくありません。

それよりはお風呂で十分に柔らかくした後、タップリと保湿クリームを塗るのが効果的ですよ。

角質は柔らかくして保湿をすれば、黒ずみも白いカサカサも軽減します。

保湿しておけば古い角質も剥がれやすくなるので、徐々に柔らかい肌へと近づきます。

また、必要に応じてピーリングを行うのもいいでしょう。

ただし角質も剥がし過ぎるとよくないので、ピーリングもし過ぎないようにするのが大事です。

ひじ下・ひざ下脱毛が活きるように、肘やひざの角質ケアもしっかりと行いたいものですね。

脱毛中に日焼け!そのときすべき対処法とは

脱毛中に日焼け!そのときすべき対処法

脱毛中は絶対に日焼けをしてはいけない!

そんなことは分かっていても、ついうっかり真夏に日焼けしてしまうことがあります。

もしうっかり日焼けしてしまったら、どのように対処していったらいいのでしょうか。

冷やすのが先決!

日焼けは火傷のようなもの。

紫外線を浴びると肌は熱を帯び、ダメージを負います。

刺激が強くて長時間であれば炎症を起こし、本格的に火傷のようになります。

真っ赤になった肌が火傷によるものだと思えば、これほど恐ろしいことはないのではないでしょうか?

火傷を負ったらまずは肌を冷やすと答える人は多いはずです。

だから日焼けも冷やすのが先決なのです。

紫外線を浴びてしまったと思ったら、なるべく早く冷やしましょう。

対処は早ければ早いほど効果的です。

自宅なら冷たいシャワーを浴びるのがいいのですが、出先で難しいなら濡らしたタオルが便利です。

そうすることで真っ赤になったり、真っ黒になったりするのを防ぐこともできます。

もちろん、保湿をするのも大事ですよ!

しっかりと冷やし、潤いを足してあげてしっかりとバリア機能を保ちましょう。

新陳代謝をよくする

肌自体の回復機能を高めるためには、新陳代謝をよくするのが大事です。

そうすればメラニン色素が肌に留まることもなく、黒い日焼けやシミ、クスミに変化することを防げるからです。

肌の新陳代謝をよくするには、水分をたっぷり摂ってビタミンCを摂取することが効果的ですよ。

他にもビタミンB2は新陳代謝に関係しているミネラルです。

果物や豚肉を積極的に摂り、バランスの良い食事を心がけましょう。

また、肌の回復には休養も大事です。

細胞が生まれ変わるように、たっぷりと睡眠を取りましょう。

施術日までに改善されなければ早めに予約キャンセル

冷やす、新陳代謝を促す、この2つを頑張っても、次の施術日まで肌が回復しないことがあります。

そういった場合は思い切ってキャンセルするしかありません。

キャンセルは、遅くても予約日の3日前までには決定しましょう、

なぜなら直前の予約キャンセルだと、キャンセル料が発生してしまうからです。

例外的にキャンセル料がかからないサロンもありますが、多くのサロンは前日、もしくは2日前までにキャンセルするよう注意を求めます。

3日前までにキャンセルしておけば安心ですね。

日焼けなら風邪などの突発的な体調不良より予測がつきやすいはずです。

できるだけ早めに対処して、トラブルなく脱毛を進めていきましょう。

脱毛後はなぜ肌の冷却が必要?正しいスキンケアについて

脱毛後はなぜ肌の冷却が必要?

脱毛後はとにかく肌の冷却が大事とよく言われますね。

でもどうして冷却が必要なのでしょうか?

ここでは冷却する理由や施術後の正しいスキンケアについて考えてみましょう。

脱毛後は肌が炎症を起こしてる?

フラッシュ脱毛でも光を肌に照射すると、刺激を与えていることになります。

その光はメラニン色素に反応するようになっているのですが、毛穴の中の毛根に集中して反応させるように施術します。

そのため、肌の内側では熱がこもっている状態になっています。

施術した後から肌が正常な状態に戻るまでの時間を、ダウンタイムといいます。

フラッシュ脱毛はダウンタイムがないと思われがちですが、やはり直後は炎症を秘めている状態です。

その熱を少しでも早く逃がすことで、肌は正常な状態に戻り肌トラブルも少なくなるのです。

肌の内側にこもった熱を逃がすためには、やはり冷やすことが大事です。

痛みが麻痺する

脱毛サロンでは麻酔ができません。

どんなにマイルドな脱毛技術でも多少は刺激があるので、その痛み軽減のために冷やします。

肌は冷やすと痛みに対して鈍くなります。

凄く痛みの強いニードル脱毛も脱毛サロンでの施術だと麻酔ができないので、冷やすしかありません。

もちろん冷却をして熱を逃がす意味合いもありますが、施術前後に行うのは痛み軽減の目的も強いです。

肌の内熱を逃がす目的で冷やすならサロンで冷やすだけでは不十分なので、やはり家に帰ってからも冷やした方がいいですね。

施術直後のスキンケア

脱毛施術を受けた後も体を清潔にするのは大事ですが、熱いお風呂に浸かるのは禁物です。

あまり熱くないシャワーでサッと汗を流す程度にし、タオルで擦らず体を清潔にしましょう。

仕上げに冷たいシャワーをサッとかけるのもいいですよ。

シャワーから上ったら、タップリの化粧水で肌を保湿しながら冷やしましょう。

化粧水をタップリ肌に馴染ませるのは、保湿と冷却が同時に行えて一石二鳥です。

まだ肌に熱がこもっているように感じるなら、濡れタオルを冷蔵庫で冷やしておいて肌に当てましょう。

また、ケーキなどについてきた保冷剤を取っておいて肌に当てるのもいいのですが、あまりにも冷たすぎると凍傷になるのでタオルで包んでから当てましょう。

繰り返し行うことで、脱毛施術で熱くなった肌を鎮めることができます。

もちろんこれらは清潔を保ちながらするのが大事です。

保冷剤もタオルも、清潔にしたものを使うようにしましょう。

以上のことを押さえて、できるだけ肌の回復を早くしたいですね。

家庭用マシンと脱毛サロンの併用は可能?

家庭用マシンと脱毛サロンの併用は?

今は自宅でも簡単に脱毛ができる便利な家庭用脱毛器があります。

でも脱毛サロンの高度なテクニックとマシンも捨てがたいですよね。

そんな両者を併用することは可能なのでしょうか?

サロンと家庭用脱毛器は併用可能!こんなメリットが!

脱毛サロンと家庭用の脱毛器を併用することは可能です。

脱毛サロンを利用するということは、それだけ高額な費用が発生します。

ムダ毛が気になる部分を全て脱毛サロンで丸ごと脱毛してもらえればいいのですが、費用的に厳しいところもあるでしょう。

そんなときに家庭用脱毛器を使うことで、脱毛料金を軽減することができます。

例えば全身脱毛プランでも、うなじや足の甲など細かい部分は含まれていないことがあります。

ひざ下脱毛の場合だとサロンによってはひざ小僧が含まれていないこともあります。

そんなときにひざ小僧を家庭用脱毛器でちょっとお手入れすればOK。

追加してしまうとまた高い料金が発生してしまうので、その足りない部分を家庭用脱毛器で補うようにすればいいのです。

気をつけないといけないこと

家庭用脱毛器と脱毛サロンを併用する場合は、注意しなくてはいけない点がたくさんあります。

・重ね打ち

・ホクロ、色素沈着部分への照射

・脱毛サロンのお手入れ直後に機械を使わない

重ね打ちとは、同じ部位に連続して光を当ててしまう行為で、二重打ちと呼ぶこともあります。

刺激の少ないフラッシュ脱毛でも、さすがに重ね打ちすると肌へのダメージが心配です。

それにホクロや色素沈着部分へ光を照射してしまうと色素部分に反応してしまい、火傷のリスクが高まります。

脱毛サロンは研修を受けたスタッフが気をつけて施術してくれますが、家庭用脱毛器は慣れてない素人が使用します。

そのため、重ね打ちのような凡ミスで肌トラブルを引き起こしてしまうことがあるのです。

また、脱毛サロンに行って間もないのに、すぐに同じ部位を家庭用脱毛器で施術するのも禁物です。

少なくとも1ヶ月以上は期間を空けるしょうにしましょう。

脱毛器のデメリットもよく考えてね

家庭用脱毛器はとても便利なもので、これさえあれば脱毛サロンに行かず家で全身脱毛してしまおうと考える人も多いでしょう。

でも背中やVIOライン脱毛など、自分では見えづらく手の届かない部位の脱毛は難しいですよね。

それにうっかりミスで肌トラブルを起こしてしまうリスクもあります。

火傷などのトラブルを避けるため、そしてコストを押さえるためにも家庭用脱毛器の機能には限界があります。

それでも何回か多めに施術すればいいと思うかもしれませんが、家庭用脱毛器もカートリッジに寿命があり、交換しなくてはいけません。

本気で全身脱毛しようと思うと根気が要りますし、意外とお金がかかるものなのです。

これらのデメリットをよく考えた上で、ポイント使いするために利用するならいいのではないでしょうか。

フラッシュ脱毛とニードル脱毛の併用は可能?

フラッシュ脱毛とニードル脱毛の併用は?

フラッシュ脱毛とニードル脱毛は異なる特徴がいくつもあります。

しかしどちらも脱毛サロンで導入している技術ですね。

その二つの技術は併用ができるのか、そしてそのメリットはあるのでしょうか。

併用可能だがニードル脱毛対応サロンは少ない

フラッシュとニードル脱毛は異なる脱毛技術ですが併用することが可能です。

しかしニードル脱毛は導入しているサロンが少ないので、もし併用しようとするなら別々のサロンに通わなくてはいけなくなるでしょう。

脱毛サロンの掛け持ちは自由ですし、特に申告する義務はありません。

しかしスケジュールの管理は自己の責任でしっかり行わないといけないのです。

併用するメリットはあるの?

痛みが強く料金も高いニードル脱毛、デメリットばかりが目立ちますが、脱毛効果は抜群に高いです。

それに白髪や金髪、産毛でも脱毛ができますし、色素沈着がひどい肌でも施術可能です。

フラッシュ脱毛はメラニン色素が薄いものだと反応しないので、白髪、金髪は脱毛ができないのです。

ニードル脱毛に比べてフラッシュ脱毛は料金が安いので、全体的な施術はフラッシュ脱毛に任せます。

白髪などフラッシュ脱毛では対応できない部分のみニードル脱毛に任せることで、コストを押さえつつ脱毛効果を出すことができるというメリットがあります。

フラッシュ・ニードル併用の注意点

フラッシュ脱毛とニードル脱毛を併用するなら、利用者側で色々と注意しなくてはいけません。

まず、ニードル脱毛をした翌日にフラッシュ脱毛をするなど、同じ部位を連続で脱毛してしまうことです。

まるで意味がないし、肌への刺激も強過ぎて危険です。

連続して施術してしまうと炎症や火傷のリスクも高まるでしょう。

もし重なってしまいそうな場合は、十分に間を空けて施術を受けることが大事です。

しかしフラッシュ脱毛もニードル脱毛も、成長期の毛がない状態だと脱毛ができません。

ニードル脱毛で肌表面の毛をすべて脱毛してしまうと、休止期に入っている毛が伸びるまでフラッシュ脱毛ができないことになります。

やり方としてはニードル脱毛とフラッシュ脱毛で施術する部位を変えることです。

例えばワキのみニードル脱毛をし、ひじ上、ひじ下はフラッシュ脱毛で施術を行います。

これなら二日連続で施術しても問題ありません。

あるいは産毛や茶色っぽい毛の部分のみニードル脱毛で施術し、肌が落ち着いた頃にフラッシュ脱毛をします。

ニードル脱毛は1本ずつ施術ができるので、このようなやり方もできるんですね。

どちらのやり方がいいのかはそれぞれの状況によるので、自分にはどれが向いているのかよく考えてスケジュールを組みましょう。

脱毛前にはかかせない電気シェーバーによる自己処理方法

電気シェーバーによる自己処理方法

脱毛を受ける前はどうしてもムダ毛は自己処理しなくてはいけません。

そんなときに便利なのが電気シェーバーですが、便利そうでもやはり注意点があるのです。

正しい電気シェーバーの使い方を覚えて、万全の状態で脱毛をしましょう。

剃るときは押しつけない

剃った後のチクチクが嫌だから、できるだけ深剃りしたくなりますよね。

強く肌に押しつけて奥まで毛を剃ろうとする人がいますが、この行為は逆効果ですよ。

肌に押しつけることで毛が寝てしまい、余計に剃りにくくなります。

それに強く押しつける行為は肌にもあまりよくありません。

深く剃りたい気持ちは分かりますが、キレイに剃りたいなら軽く当てて毛を立たせながら剃るのがポイントです。

また、長すぎる毛はシェーバーで剃りにくいので、あらかじめハサミでカットするかトリマーでざっくりカットしてから剃りましょう。

電気シェーバーでもメンテナンスが必要

電気シェーバーも劣化して切れ味が悪くなります。

だから切れ味が悪くなれば刃を交換しなくてはなりません。

メーカーが推奨する交換時期は、外刃が1年、内刃が2年です。

それにちゃんと手入れしないとパーツの寿命も短くなりますよ。

外刃を外してみると中に細かい毛がついているのが確認できるでしょう。

それだけではなく、肌の角質や皮脂も絡み合っています。

1回剃るごとに、電気シェーバーの刃はとても汚れてしまうのです。

汚れをちゃんと落とし、刃はいつも清潔にすること!

そうすることでパーツも長持ちしますし、肌トラブルも軽減できます。

水洗いできるならしっかり洗って、乾燥させてから保管するようにしましょう。

肌は必ず保湿して

肌への刺激が少ないように感じますが、電気シェーバーだって毛を剃るものですから肌への刺激はある程度あります。

ですから必ずムダ毛を剃った後は、しっかりと肌を保湿しましょう。

シェービング後の肌を落ち着かせるためのシェービングローションもありますね。

もちろんいつものボディローションでも構いません。

アフターケアがちゃんとできていなければ、どんなに高性能な電気シェーバーを使っても肌荒れを起こします。

肌荒れを起こしてしまうと次の脱毛にも響いてしまい、ダラダラと脱毛期間が長引いてしまうこととなります。

電気シェーバーはできるだけ肌の荒れを少なく自己処理をし、脱毛期間中でも快適な時間を過ごすためのものです。

保湿は絶対に面倒がらずに、必ず行いましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 札幌@脱毛エステサロンランキング! All Rights Reserved.